転職、退職、起業する前に「マンション経営」を始めなければならないたった1つの理由

f:id:toushi-before-after:20171030222354j:plain

マンション経営のコンサルティング営業を行っていると、毎日様々な状況の人が相談にやってこられます。年代、性別問わず、抱えてる悩みや、将来の目標なども全然違います。

そんな中で、実はマンション経営を始めることがそもそもできない原因として、最も多いのが「勤続年数」と「会社規模」なのであります。

マンション経営に関しては、銀行から借り入れをして投資を受ける話になりますので、個人の信用性が融資を受けられか否かの大事な要素の1つとなります。

※信用性については過去ブログにて詳細記載しておりますので、ご確認ください。↓

1rtoushi-before-after.hatenablog.com

 

個人の信用性の中で大事な要素トップ3

 

1,年収

先ず、年収が0円の方に銀行も融資はしません。だからと言って年収1000万無いとダメ!って訳でもないのでご安心ください。

基本的には年収400万円以上あれば、投資マンションローンの使用はできます。ケースバイケースですが、年収300万でも投資マンションローンの融資を受けられた事例もございます。

 

 

2,勤務先

勤務先の規模は基本的に大きい方が良いです。当然、未上場会社よりも上場会社の方が、有利に融資を受けることができます。ただし、未上場会社であっても、売り上げが良かったりする取り組んでくれる金融機関(オリックス信託銀行など)もありますので、ご安心下さい。ただし、今の㈱東芝さんのように、会社全体で売り上げが悪かったりすると、金融機関もその社員さんには融資をしたがらない傾向にあります。なぜなら倒産のリスクが大きいからです。

 

 

3,勤続年数

最後にこちらです。基本的に転職したり、退職したり、起業したりすると、今まで積み上げてきた勤続年数が一旦「0」にリセットされてしまいます。なのでほとんどの金融機関で融資条件の中に「勤続3年以上」を盛り込んでいる場合が多いです。ただし、同業転職であれば、会社は変わったとしても勤続年数は継続カウントしてくれる(イオン銀行さんなど)銀行さんもあります。ただし、基本的には、投資マンションローンが組みにくくなってしまうのは間違いありません。

 

 

その中でも勤続年数が最もネックになりやすい 

実は相談を受ける中で、ネックになる割合が最も高いのが3番目の勤続年数なんです。例えば、年収が高く、勤務先が大きい企業に転職したとしても、基本的に3年が経過しないと投資マンションローンを組むのは難しいです。あとは、起業するにしても基本的には「自営業」扱いとなりますので、会社の決算報告書を3期分提出しなければなりませんので、最低でも3年運営実績が無ければなりません。

 

大企業から転職される方、起業(独立など)される方、退職される方は、その前に必ずマンション投資を検討してください。なぜなら、転職、起業、退職してしまうと、そもそも金融機関から融資を受けることが困難になる可能性が非常に高いからです。なので、勤務先や勤続年数も資産のうちと考えることができるでしょう。

 

ブログでも前述しておりますが(※上記のリンク)、そもそもマンション投資は「できる人」と「できない人」に分かれます。できない人というのは「そもそも金融機関から融資を受けることができない人」のことであります。なので、万人が取り組める内容ではないからこそ、メリットも限定的なんですね。

 

今でこそ、転職や起業という敷居も一般的に低くなっているので、ご自身の人生のステップアップの為にそういった選択肢を取られる方も大勢いらっしゃると思います。ただし、そんな中で「マンション投資」に関していうと、そのステップアップという行為自体がネックになってしまう可能性もあるということを十分に認識しておいてください。

 

 

 

カテゴリ