投資用マンションローン!銀行別「繰り上げ返済手数料」一覧。

f:id:toushi-before-after:20171028201913j:plain

 

投資用マンションローンの銀行別繰り上げ返済手数料一覧。

f:id:toushi-before-after:20170920114907j:plain

 

皆さん投資用マンションローンの繰り上げ返済は行っていますか??

 

業者さんから、繰り上げ返済を定期的に行うシュミレーションなどを提案されている場合もあるかと思いますが、上記のように、繰り上げ返済には「手数料」が発生致します。

銀行にもよりますが、

「オリックス信託銀行」

「イオン銀行」

「スルガ銀行」

「ジャックス」

などは、購入して早い段階で繰り上げ返済すると、少し多めの手数料が取られてしまうので、ご注意下さい。

 

そういった、手数料も含めたうえで、計画的に繰り上げ返済を進めていきましょう。

 

ブログで前述しておりますが、投資マンションの繰り上げ返済は、基本的に「返済額減額型」を選択しましょう。

「期間短縮型」を選んでしまうと、毎月の返済額が変わらないので、キャッシュフローを出すのが難しくなってしまいます。

詳細な理由につきましては、こちらを一読してください。↓

 

1rtoushi-before-after.hatenablog.com

 

 

「SBJ銀行」

「東日本銀行」

「ダイヤモンドアセットファイナンス」

「楽天銀行」

以上4行に関しましては、年数に関係なく手数料はほぼ同じですね。なので、いつ返してもあまり手数料に変化はありません。

繰り上げ手数料=違約金

また銀行によってはこちらの「繰り上げ返済手数料」のことを「違約金」という言葉で表現したりもします。

要は銀行さんとしては、長い年数貸付したいわけです。その方が利息をたくさん取ることができますからね。

でも、それが意に反して、早い段階で返済されてしまうと、銀行としては全然儲からないのです。なので、早い段階で返すのならちゃんとその分の「違約金」払ってね。ってな感じですね。

 

最後に

毎月安定してキャッシュフローがでるようになると、本当に不動産投資は楽しいですよ。

感覚としてはお給料日が月に2回とか3回あるような感じです。

 

そうなるためには、今ある手元資金をいかに上手に繰り上げ返済していくか?が大切なポイントとなりますので、その銀行ごとの繰り上げ返済の手数料を加味して、計画的な繰り上げ返済をお勧め致します。

 

カテゴリ