投資用ワンルームマンションローン取り扱い銀行&金利ランキング

前述した通り、把握できている限りの投資用ワンルームマンションに融資する銀行と金利一覧を金利が低い順番にランキング形式で公表致します 

 

 

f:id:toushi-before-after:20171028191004j:plain

f:id:toushi-before-after:20170914132625j:plain

※SBJ銀行については金利が業者によって異なるので、詳しくは以下をご覧ください。

1rtoushi-before-after.hatenablog.com

 

 

 

 

まず、いくつか注意点がありますので、そこのご説明から。

ダイヤモンドとオリックスに関しては、長プラと呼ばれる金利があります。

そして、短プラ長プラ2種類のうちどちらかを選択して融資を受けることになります。

 

短プラ・長プラ 

短プラとは??

短期プライムレートの略です。

金融機関が融資を行う際の金利のことを指しており、優良企業向けの短期(1年以内)融資における最低金利のことです。

 

 長プラとは??

長期プライムレートの略です。

同じく金融機関が融資を行う際の金利のことを指しており、優良企業向けに長期(1年以上)融資を行う際の最低金利のことです。

 

では、一体具体的にそれぞれどんな違いがあるんだい??という話になりますよね。

違いとしましては、簡単に言うと、

 

変動が緩やかなのが「短プラ」、変動が激しいのが「長プラ」

 

という感じです。

 

今なら長プラ

長期プライムレートは、金融機関の「5年もの普通社債」の発行利率に基づいて決定されるので、日本の「国債市場」の影響を大きく受けます。
日本の債券市場は日々常に変動していますから、長期プライムレートもそれに合わせて上下する仕組みになっておりますので、変動が激しくなるわけですね。

 

それに比べると、短プラはあまり変動しません。ただし、基本的に長プラが上がっていけば、それに少し遅れるような形で短プラも上がっていくと言われています。

 

長プラは金利変動が激しい!などと言われると、あまり長プラを選ぶ気がしなくなりますよね?

短期間で見れば、確かに長プラの金利変動によるリスクが一見大きいように見えてしまいますが、長い目で見て、金利が上がるときは、結局どちらも上昇する状況になるので、それなら、今金利が低い方を選んだ方がお得じゃん!

という考え方で、長プラを選ばれるお客様が圧倒的に多いですよ。

私自身も同じ考えですし。

 

なので、その考えで行くと、上記ランキングになります。

 

1位はダイヤモンドアセットファイナンスです。

こちらは三菱系の不動産融資に特化した金融機関となります。

 

www.dia-asset.co.jp

 

 

↑上記リンクをクリックして頂くと、以下のページが表記されます。

 

f:id:toushi-before-after:20170914140632j:plain

黄色で囲まれた部分に注目してください。

 

提携先の投資用ワンルームマンション販売会社を通じて、個人投資家の方へ物件の購入資金をご融資します。」

 

と記入があります。

前々からお伝えしておりますが、投資用ワンルームマンションの融資は、提携金融機関制になっておりますので、こちらの金融機関と提携している不動産会社でないと、このダイヤモンドアセットさんで融資を受けることができないのです。
 ※提携金融機関制度については以下リンクで詳細説明しております

 

www.tokyo-1r.com

 

これは、上記のランキングにでているほとんどの金融機関について言えることなのです。投資用ワンルームマンションを融資を受けて購入する場合は、業者の提携している金融機関を使う場合がほとんどです。しかし不動産業者によって、提携金融機関の数はそれぞれ異なります。当然、ランキング上位の金融機関であればあるほど提携が難しいのです。

 

 設立したての会社や、あまり売り上げの良くない会社ですと、「提携金融機関が少ない&ランキング下位の金融機関しか提携がない」場合が多いので、どんなにお客様の個人の属性が良くても、どんなに物件が素晴らしくても、ランキング下位の高金利の金融機関を使わざるを得なくなるのです。

 

番外編の政策金融公庫に関しては、非常に低金利です。

むしろ金利でいうなら断トツに安いのですが、1位には選出しませんでした。

理由は、ローンを組める年数が極端に短いからです。

個人属性によっても異なりますが、「最長10~15年」という感じです。

 

また、物件評価もかなり厳しめなので、「ある程度の自己資金」がある方でないと、そもそも取り組みが難しいのが現状です。

 

ただし、自己資金がある方にとっては、非常にメリットがある金融機関になりますので、検討の価値ありです。ちなみにこちらは「提携金融機関制」はとっておりませんので、どの業者さんでも基本的に取り扱いできます。

 

最後になりますが、とにかく業者から提案を受ける際には、「自分の提案されている金融機関が果たしてベストなのか?」を必ず調べてください。

既に下位ランクの銀行で借りてしまった人は、必ずこちらに相談してください。

上位ランクの低金利の金融機関に借り換えも可能です。

 

ワンルームマンション経営において毎月の持ち出し(赤字)で困っている方で劇的に収支改善できた実績も多数ありますので、先ずはお問い合わせください。

1rtoushi.before.after@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ