迷惑電話!?マンション投資会社の社名がコロコロ変わる理由。

f:id:toushi-before-after:20171027152226j:plain

投資マンション業界あるある「社名変更」

これは、投資マンション業界では、よくあることです。
通常の会社でも、稀に社名変更等はあるかと思います。
それでは、社名変更する理由は大きく分けて2つあります。

①プラスの理由での社名変更
②マイナスな理由での社名変更

①は「時代に沿うように」や「ブランド名で統一し、ブランド力を高める」などのプラスな理由からの社名変更です。

②はその逆に、悪い噂がたってしまったり何かを隠したり過去を清算する意味での社名変更ですね。

なので、もし、社名変更があった場合であれば、過去の会社名を調べることにより、その会社がどういった理由で社名変更したのかはなんとなく予想できると思います。

投資マンション会社は社名がコロコロと変更される会社が多い(※プラスの理由なのかマイナスの理由なのかは別として・・・)ので、消費者様にとってはマンション購入検討段階において、変更前の社名も知っておく必要があるかと思いますので、いくつか掲載しておきます。

 

社名変更した投資マンション会社一覧

※青文字が旧社名

木下グループホールディングス

旧社名エム・シー・コーポレーション
ブランドマンション名⇒プレールドゥーク



株式会社クレアスライフ

旧社名:菱和ライフクリエイト
ブランドマンション名⇒菱和パレス、コンシェリアなど。



株式会社Fan's(ファンズ)

旧社名:PLSプレセデンシャル
ブランドマンション名⇒プレセダンヒルズなど。



株式会社DIPS(ディップス)

旧社名:株式会社アクティリンク

グループ会社:株式会社フェア
ブランドマンション名⇒DIPS(ディップス)、グラントゥルース、ブレシアなど。



株式会社START(スタート)

旧社名:株式会社リンク・イズム・マネジメント
ブランドマンション名⇒Raffistar(ラフィスタ)




株式会社GA Technologies(ジーエーテクノロジーズ)

旧社名:株式会社Global GA(グローバルジーエー)



NITOH株式会社(ニトウ) 

旧社名:日本投資リアルエステート、株式会社ワイズ・ワン
ブランドマンション名⇒リライア



株式会社リヴ(リヴトラスト)

旧社名:株式会社ジー・プランニング
ブランドマンション名⇒リヴシティ




Life&Style株式会社(ライフアンドスタイル)(マンション経営大学)

旧社名:スペースコレクション株式会社 
ブランドマンション名⇒スパシエなど



JRD株式会社 

旧社名:株式会社大松アセットマネジメント
ブランドマンション名⇒セジョリ




株式会社インヴァランス 

旧社名:株式会社バンズ・インベスト・マネジメント
ブランドマンション名⇒CREVISTA(クレヴィスタ)、Le・Lion(ル・リオン)など




株式会社メビウス 

旧社名:株式会社ライズブレイン、株式会社ジー・ライフ




株式会社ASIAN STAR 

旧社名:株式会社陽光都市開発

ブランドマンション名⇒グリフィン、グリフォーネなどです。

 

マンション投資会社の迷惑電話は業界あるある

今はネットもあるので、検索でなんとなく社名変更理由も分かるかと思います。
基本的にワンルームマンション投資会社の名前を入れて検索すると、大体「迷惑」「勧誘」などの検索候補がでてきます。

電話営業を主力でやっている会社は仕方のないことなんでしょうかね・・・。
ここについては、私も元同業者で、電話営業経験もありますので、良いとも悪いとも言えません。

当然、営業の範囲を逸脱するような悪質な電話営業もあるそうなので、そういったものはやはり淘汰されるべきかと思います。

横浜にお住まいの方なら誰もが一度は目にしている「グリフィンマンション」で有名な「陽光都市開発」はまさにその電話営業により、業務停止監督処分を受けております。

その「陽光都市開発」の前副社長が立ち上げた会社が「株式会社グリップ(英表記 GLIP.co.,LTD.)」ですね。
主なブランドマンション名⇒Le`a(レア)など。

以上、ご検討の際には、物件のみを見るのではなく、その管理会社や分譲会社の過去の経歴も踏まえて検討するのが合理的かもしれませんね。

カテゴリ