不動産投資の繰り上げ返済は[返済額減額型」!「期間短縮」はダメ!

f:id:toushi-before-after:20171026163342j:plain

繰り上げ返済って聞いたことはありますか?住宅ローンの繰上げ返済とは、例えば、毎月の返済額は10万円の場合、ある時期にまとまった金額(例えば100万円など。金額は自由に決めれる)を返済することです。

つまり、通常の返済よりも多く返済することをいいます。繰上げ返済の方法としては次の2つの方法があります。

 


繰り上げ返済は2種類


①期間短縮型
まとまった資金を一気に返済に充当して、その分返済期間を短縮するやり方です。毎月の返済額は変化しませんが、ローンの期間が短くなります。

②返済額減額型
まとまった資金を一気に返済に充当して、その分毎月の返済額を減額するやり方です。ローンの期間は変化しませんが、毎月の返済額が減額されます。

ほとんどの金融機関は、上記の2つの返済形式のどちらか一方を選択して「繰り上げ返済」することになります。ではこの2つどちらがお得なのでしょうか??検証していきましょう 

 

①期間短縮と②返済額減額どっちがお得?

例えば・・・

●2500万円ローンを金利1.6%の35年で組む場合。

※毎月の手取り家賃7.5万円の場合、持ち出しが毎月0.3万円になります。

 
 
ローン金額 2500万
金利 1.60%
年数
35年
 
毎月の返済額 7.8万円
   
手取り家賃 7.5万円
   
毎月の収支 ー0.3万円
 
 
35年間の総支払 3270万円
35年間の総支払利息 770万円
35年間の収支
(ー0.3×12×35年)※持ち出し
126万円

 
 
この物件に年間100万円を毎年繰り上げ返済していくとどうなるのでしょうか?
 
 

①期間短縮型の場合

 ※(繰り上げ返済手数料は加味しません。)
※(購入1年後から繰り上げ返済を開始し、毎年100万ずつ繰り上げます)
※(端数切捨て)

返済回数 返済日 毎月の返済額 毎月の収支 繰り上げ返済額 元金残高
1 2017/8/27 78,000 -3,000   24,950,000
13 2018/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 23,450,000
25 2019/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 21,930,000
37 2020/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 20,350,000
49 2021/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 18,740,000
61 2022/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 17,130,000
73 2023/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 15,510,000
85 2024/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 13,820,000
97 2025/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 12,130,000
109 2026/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 10,440,000
121 2027/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 8,680,000
133 2028/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 6,930,000
145 2029/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 5,120,000
157 2030/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 3,320,000
169 2031/8/27 78,000 -3,000 1,000,000 1,450,000
181 2032/8/27 78,000 -3,000 500,000 0

 
総支払回数181回でローンが終了するわけですね。
 つまり15年と1カ月です。
  
15年1カ月の総支払 2821万円
15年1カ月の総支払利息 321万円
15年1カ月の収支
(ー0.3×12×15年)※持ち出し
54万円
   
総繰り上げ返済金額 1450万円

以上の結果から、
期間短縮で毎年100万円繰り上げ返済をしていくと・・・
 
・ローンが15年1カ月で終了します。(19年11カ月のローン短縮効果
・総支払い利息の軽減効果は449万円(770万円ー321万円)
・ただし、毎月の返済額は変わらないので、毎月の持ち出しは変わらない。


②返済額減額型の場合

※条件は同じです。 

返済回数 返済日 返済額 毎月の収支 繰り上げ返済額 元金残高
1 2017/8/27 78,000 -3,000 0 24,950,000
13 2018/8/27 75,000 0 1,000,000 23,410,000
25 2018/8/27 71,000 4,000 1,000,000 21,890,000
37 2020/8/27 68,000 7,000 1,000,000 20,380,000
49 2021/8/27 65,000 10,000 1,000,000 18,890,000
61 2022/8/27 61,000 14,000 1,000,000 17,410,000
73 2023/8/27 57,000 18,000 1,000,000 15,950,000
85 2024/8/27 54,000 21,000 1,000,000 14,510,000
97 2025/8/27 50,000 25,000 1,000,000 13,100,000
109 2026/8/27 46,000 29,000 1,000,000 11,710,000
121 2027/8/27 42,000 33,000 1,000,000 10,340,000
133 2028/8/27 38,000 37,000 1,000,000 9,000,000
145 2029/8/27 33,000 42,000 1,000,000 7,690,000
157 2030/8/27 29,000 46,000 1,000,000 6,410,000
169 2031/8/27 24,000 51,000 1,000,000 5,160,000
181 2032/8/27 19,000 56,000 1,000,000 3,950,000
193 2033/8/27 14,000 61,000 1,000,000 2,780,000
205 2034/8/27 9,000 66,000 1,000,000 1,650,000
217 2035/8/27 3,000 72,000 1,000,000 570,000
229 2036/8/27 0 75,000 500,000 0
 
 
総支払回数229回でローンが終了するわけですね。
つまり、19年と1カ月です。
  
19年1カ月の総支払 2867万円
19年1カ月の総支払利息 367万円
19年1カ月の収支
※収入
706万円
   
総繰り上げ返済金額 1850万円
 
以上の結果から
 返済額減額型で、年間100万円ずつ繰り上げ返済をしていくと・・・
 
・ローンが19年1カ月で終了します。(15年と11カ月のローン短縮効果
・総支払い利息の軽減効果は403万円(770万円ー367万円)
・毎月の返済額が途中より、プラス収支になる。
 
 

この結果を見ると

ローンが早く終了するのは「期間短縮」
総支払利息が少ないのは「期間短縮」
収支がプラスになるのは「返済額減額」


となり、一見すると「期間短縮」が良さげに見えますが・・・実は違います。
 
 

同じ年数で比較すると

例えば、同じ15年1カ月という期間で、両物件を完済する前提で検証していきましょう。


①期間短縮の場合

・繰り上げ返済総額1450万円
・15年1カ月間の持ち出し54万円(0.3万×12×15)
・450万円+54万円=1504万円

つまり、

完済するのにかかった全てのお金はトータル1504万円になります。



②返済額減額型の場合

・繰り上げ返済総額(15年1カ月時点まで)1500万円
・その時点でのローン残債395万円
・15年1カ月間のプラス収支分400万円

プラス収支分の400万円でローン残債395万円を完済します。
なので400万円ー395万円=5万円
この5万円は手元の余剰資金になるので、繰り上げ総額1500万円から差し引きます。

1500万円ー5万円=1495万円

つまり、

完済するのにかかった全てのお金はトータル1495万円になります


よって、
今回のような投資物件のパターンだと・・・
同じ期間で見ても、「返済額減額型」のほうがより少ない資金で完済できるわけです。

といってもたった9万円の差ですが・・・

 

ほとんどのFP達が期間短縮を進めてますが・・・

ネットをよく見ていただくと、期間短縮をお勧めしている方が大勢いらっしゃいますが自宅の返済であれば確かに「期間短縮の方お得」です。なぜなら、全額自分で支払うので、結局単純に支払い総額が少ない方が良いからです

ただし、今回のような条件の投資用のワンルームマンションだと、返済額減型の方がお得になるパターンもあるので、繰り上げ返済する際はよくシュミレーションしてみてくださいね。

 

 

投資マンションは返済額減額型が基本

しかも、返済額減額型は毎月返済額が減っていくので、空室になった際の持ち出し額を減らせることから、空室時のリスクヘッジにもなりますし、精神的な部分でみれば、目に見えて毎月の返済額が下がり、尚且つプラス収入で一定額が入るようになるので、凄く安心できます。

カテゴリ