自己資金が無いなら「マンション経営」一択。その理由は

f:id:toushi-before-after:20171025145955j:plain

不動産投資の醍醐味は信用で資産形成ができること

目には見えない与信(信用)を目に見える不動産資産に変換する。これこそが不動産投資の醍醐味であります。自己資金が無くとも資産作りができるわけですね。

 

「与信」とは

融資の際に金融機関が借り手に対して「この人はどれぐらいの返済能力があるのか?」を判断し、貸付限度額を設定することを言います。個人融資であれ企業融資であれ、考え方は同じです。個人の場合、この与信が重要になってくるのはクレジットカードをつくる際や住宅ローン借入の際でしょう。ある程度の社会的信用がなければお金を借りることはできないようになっています。

 

与信(信用)はマンション経営で資産になる

社会人にとって、社会的信用は欠かせないものです。与信とはその社会的信用の大きさを借り入れできる金額に置き換えたものです

さて、与信能力については、本人の経済力とは別に勤務先の安定性が重視されることになります。借入をする人の収入とは別に、勤務先の信頼(規模や売り上げ)が与信枠を大きくしてくれるのです。なので、公務員や堅実な優良企業にお勤めの方は、「勤務先も自分の財産」と考えることができます。

そして、こういった勤務先で働いてらっしゃる方は当然高いコンプライアンス意識を持っていると考えられるので、返済能力についても圧倒的に高い評価を金融機関から得られるのであります。つまり、それが借り入れできる金額、金利、年数として、数字で表れてくるのです

 

この与信(信用)を使わないと

与信(信用)は、例え使っていなかったとしても、年を重ねるごとに小さくなっていき、定年(60歳)に近づく頃には無くなってしまいます。

年齢が高齢になれば当然ローンが組めなくなりますし、組めたとしても、金利が高く、期間も短く設定されてしまうケースがほとんどです。その一方で、不動産は一度購入してしまえば無くなることはありません。

 

会社員だからこその与信と借り入れの心理的バリア 

サラリーマン、公務員の方々で、この与信(信用)の力、つまりは信用資産の可能性に気づいていらっしゃらない方が非常に多いのが現状です。融資、ローンと聞くとマイナスイメージを持つ方もいらっしゃいますが、その心理的なバリアを乗り越えられた人こそが出来る投資なのです。

 

投資用マンションローン審査3つのポイント

マンション投資のローン審査は非常に厳しいです。

 

①個人の与信(年収、年齢、勤続年数、借り入れ、健康状態、扶養人数etc)

②勤務先の与信(資本金、従業員数、売上、業種、上場、未上場、業務内容etc)

③物件自体の与信(物件の事業性、収益性、立地、価格、家賃相場、築年数etc)

 

 ご自宅のローンであれば、①をクリアすれば融資は受けられますが、マンション投資ローンは①、②、③をクリアしなければなりません。なので、始めることが出来る方は限られており、尚且つ始められる物件も限られているのが現状です。

 

投資用マンションローンのデフォルト率は低い(返済不能)

しかし、それでもローンが返せなくなるのでは?と心配される方がいらっしゃいますが、例えば投資物件に積極的なスルガ銀行においては、アパートローン金利4.5%と高金利ではありますが、2014年3月末のデータでは、アパートローンを含めた住宅ローンの残高は1兆9,564億円で、1年間で3,000億円以上も積み増していますが、全体の延滞率は0.23%と非常に低いのが実状です。

つまり、99.77%の人は普通に支払いが出来ているのです。 

 

カテゴリ